Photo千思万考

夜の 入谷朝顔市 2016

寄り道シリーズも最近少なくなりがち・・・

 久しぶりに 会社帰りの寄り道を してきましたよ 「入谷朝顔市」


  そう言えば 2013年の朝顔市から行き始めましたが
          朝顔は1個も買ってません

   持って帰ってくるのが面倒だし・・・水をあげるのも・・・だし。。。
d0282718_23090217.jpg





















(2)
  朝顔市は、毎年曜日に関係なく、
    7月6日から7月8日の3日間なんですね。

  入谷の朝顔市は、七夕の7月7日を挟んだ3日間に
    固定されているので覚えちゃいました

d0282718_23090652.jpg











(3)
  中国漢方の世界では
    朝顔の種は 「下剤の生薬」 として
      昔から珍重されていたそうです

d0282718_23090908.jpg









(4)
  朝顔の種を プレゼントされた人は、
       牛を引いてお礼に来たとか。。。

d0282718_23091337.jpg










(5)
 で、中国では 朝顔の種の ことを 「牽牛子(けんごし)」

    日本には平安時代ごろに生薬として伝わったそうです。


d0282718_23091628.jpg

   昔の中国人には、よほど大変な便秘の人が居たんですかね???












(6)
  牽牛(けんぎゅう)は、彦星&織り姫の七夕伝説の彦星のこと

  









(7)
  朝顔の種は どういう訳か「けんぎゅうし」とは呼ばないみたいですね
d0282718_23092995.jpg







(8)
  日本では「彦星」
    中国では「牽牛」と呼ばれる、牛飼いの青年ですね。

d0282718_23093163.jpg
       (営業中のお3方・・・太鼓、鐘、Sax)










(9)
  ちなみに織姫のことは、中国では織女と呼ぶそうですわ
d0282718_23095386.jpg









(10)
  朝顔は ちょうど七夕の頃に咲く花。

d0282718_23093907.jpg











(11)
  加えて 朝顔の花は 別名「牽牛花:けんぎゅうか」と 言うので

   入谷の朝顔市は、毎年七夕の前後3日間に開催されるようになった
     そうです。

d0282718_23094847.jpg














(12)
  会社帰りの 寄り道では 朝顔は お休み中!!
    咲いていたのは 「夕顔」 だけ (笑)

d0282718_23093587.jpg

















(13)
  因みに、朝顔の種は「即効性の下剤」とのこと

       取扱注意ですね。。。^^

d0282718_23094437.jpg









(14)
  今日の 後ろ姿は
   こ  ち  ら・・・

d0282718_23141995.jpg

   皆さん 朝顔やお花の 髪留めなのに
     お一人 海星(ヒトデ) の 髪飾りに
        ぐ~と 引き寄せられました (笑)





   朝顔市は 朝5:00からやっているそうです
     植木屋のおじさんに「朝顔は 朝だよ~」 って
   
   声掛けられちゃいました(わかっとるわい)










   by piyopapa

 












[PR]

by piyopapa0711 | 2016-07-08 12:00 | 寄り道 | Comments(18)
Commented by asahinahikari at 2016-07-08 12:54
こんにちは
入谷の朝顔市盛況ですね〜朝顔は朝に咲くのに夜こんなに賑やかとは〜皆さん朝顔がお目当てではないのかしら?(笑)
9番目のお嬢さん〜白い腕と手が美しい美人さんなんでしょうね〜別のブロガーさんの朝顔市にもこの方が大きく載っていました〜きっと目を引く美しいお嬢さんだったのでしょうね
お嬢さんが着ている黒の朝顔のTシャツが欲しいです〜お店で売られているのかしら?
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-08 13:35
< 光様 >
こんにちは♪
朝顔のお店の反対側は、全てテキ屋さんのお店でしたよ~ お祭りだから朝顔だけ
じゃないみたいです

家族連れ、二人連れ、仕事帰りのOLさん、サラリーマンの集団、おじさんカメラマン
(piyopapa含)など 色々な方々が集まってましたよ。。。

花に寄って取って良いものかどうか?分かりませんし、花咲いてなかったし・・・
お店の方と仲良く会話をして撮影させてもらうためには、少なくても1鉢は買わないと
だめですよね(^^;;

今日の光農園は スイカが美味しそうでした。。。後でコメ邪魔しますね
いつもありがとうございます。
Commented by lucentxy at 2016-07-09 00:04
こんばんは
入谷の朝顔市、有名ではありますが一度も
行ったことはないのです...
曜日に関係なく、日にちでっていうのが本来
の姿ですよね、きっと
朝顔って、薬だったとは知りませんでしたよ!
人出の多い夕方、電灯の光もあって雰囲気が
ありますが、でもやっぱり朝がいいのでしょうね~
ヒトデの髪飾りの後ろ姿美人、いい感じです!
Commented by shingomama at 2016-07-09 12:11 x
朝顔市、今年は行きませんでした。
やはり、夕方は夕顔が素敵ですね。
今年、うちの朝顔は 去年採った種を撒いたのですが、去年は色んな色があったのに、単色しか咲きません。
どうしたことでしょう???
Commented by 梅サクラ at 2016-07-09 18:21 x
こんにちは♪
入谷の朝顔市・・。灯が点っても賑やかで、
却って気分を盛り上げている感じがしますね。
朝顔の花は「牽牛花:けんぎゅうか」とも言われて七夕の前後3日間に開催される事、初めて知りましたが、
安易に土・日に合わせずに意味を大事にしているのがとても素晴らしいです。

「夕顔」が清楚でとても綺麗!!
「源氏物語」の中に登場する、女性「夕顔」を想像しました。
そして、「ヒトデの君」清楚感があって、とても素敵!!もしかしたら、現代の「夕顔」の君かも・・・

「朝顔市」朝でなくても雰囲気を楽しむには夕方訪れても、大丈夫そうですね・・・。
Commented by pote-sala at 2016-07-10 15:05
こんにちは。
先日はブログにコメントいただき、ありがとうございました。
夜の朝顔市もいいなぁ・・、賑やかそうだし、美人さんも
多そうだ・・。
なんて思って読んでいったら、最後の
「朝顔は朝だよ~~」
確かにそうですよね。
でも都会の暑い夏の夜、こんな風にふらりと
歩くのも下町情緒もあいまって素敵です。
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-11 14:39
<lucentxy様>
こんにちは♪
朝顔市は、ゆっくり朝顔を撮影する様な雰囲気はないですよ^^ 威勢の良さが売り物
みたいな感じですもんね!!

やはり見に行くなら朝ですね。早朝5:00からと言うことなので来年は出社前に行こうかな?
と思ってます(笑)

朝顔は種が生薬の下剤で、飲み過ぎたら毒薬ですね。かなり即効性が高いようです(要注意)
夜の雰囲気となると、ほずき市の方が良いかも知れません。なにせほうずきは花開かないし
・・・夜のとばりが下がれば、やっぱあのオレンジ色ですね。。。

昨日、買い物に行った時に「ヒトデの髪飾り」見つけちゃいました(笑)
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-11 14:48
<shingomama様>

さて、朝顔、どうした具合なんでしょうか?

種まきの適期は、4月~6月頃なんですよね?花壇やプランターなどに直播きして育てる
こともできる様ですが、ポットで育て、生育の良いものをハンギングバスケットなどに定
植させると良いらしいですよ!!

種まきしたら、しっかりと水を与えて、ほっぽらかし!!
開花までには約90~100日掛かる様ですから、4月はじめに種まきを行えば、発芽適温が
20度~25度だから、だいたい、今頃には開花が見られるなずなんですがね???

小学校の某先生にお聞きしたところ、アサガオを育てるにあたって重要なのは、日光、水、と
肥料だそうです。日当たりが良く、水はけの良いところで、水・肥料は少し多めに与えると良
いらしいです^^

後ですねぇ、短日植物なので、夜間に外灯などで明るい場所では、花芽をつけないそうです。
暗い場所に移すか、箱をかぶせて暗くしてあげると良いとのことでした。結構、面倒くさい
ですね(笑)

ありがとうございました
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-11 14:54
<梅サクラ様>
天明期(1781年~1789年)を代表する文人であり狂歌師である大田 南畝の狂歌「恐れ入り
やの鬼子母神」で知られる入谷鬼子母神とその周辺で、毎年七夕の前後3日間に行われるの
が、入谷の朝顔市です

鬼子母神とその門前に120軒の朝顔業者と100軒の露店が並び、色とりどりの朝顔をやり取
りする光景が繰り広げられる江戸風情あふれる情緒的な下町の夏の風物詩ですね
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-11 15:15
<pote-sala様>
ご訪問いただきありがとうございます

花をゆっくり撮影するには、市は不向きですが、やはり歴史が詰まったこの風情溢れる
江戸情緒を味わうには、朝顔市も欠かせませんね。

浅草のほうずき市は夜出かけても見応えありますね。。。ちょっと散歩には遠すぎますけど
美人さんは、沢山おられますよ(笑)
よろしくお願い申し上げます
Commented by iris304 at 2016-07-13 05:45
おはようございます。

紫陽花の季節は去って 
梅雨明け宣言はまだですが いよいよ夏本番!!

朝顔は 朝ですね!
もうこの時刻には始まっているという事ですね。
咲いている姿を見るには始発で行かないと(´Д` )
そんなに早くなくても大丈夫ですね。

朝顔市もほおずき市も訪れた事がありません。
いつも拝見すると行ってみたいなあと思いますが、根性がありません。
暑いのはどうしても苦手です。

スカイツリーもまだ登っていませんが こんな風に見える位置関係にあるのですね〜

朝顔モチーフのTシャツを身につけたお嬢さん
斑入りの朝顔 どんな花を咲かせるのでしょうか?

七夕を挟んで開催される夏の風物詩
風情のある下町の風景
古人も楽しまれたのでしょうね〜❤︎
Commented by shingomama at 2016-07-13 08:51 x
おはようございます。
私のつまらない疑問に丁寧にご回答頂き、感動し再コメいています。
どれもほどほどに満たしているようなのですが、ちよっと足りないとすると、肥料かな~~と、それも花付きをよくするにはリン酸が必要なような~~?チッソ、リン酸、カリを混合したものは売っていますけど、リン酸だけって売っているのかな~。葉はいっぱい茂っているのですよ。
piyopapaさんのご回答をもとに、もうちょっと工夫してみます。
小学校の某先生にも宜しくお伝えください(^_-)-☆
有り難うございました。
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-13 11:32
< iris様 >
こんにちは♪
暑くなったり、一日中雨降ったり・・・こう言うのを「ぐずついた天気」と言うんですよね
自然相手には仕方ないですが、この時期は「はっきりせんかぁ~」と言ってやりたいです
朝顔市に出かけたのが、会社帰りの夕方!!と言うのですから、ビール飲んで露天でつまみを
買って・・・
これが普通なんでしょうね。。。私も、暑いのは苦手です。。。営業の人、外回りの仕事の
方には、本当に頭が下がりますよ・・・

20代後半から30代後半、グランドから、もやもやと陽炎が見える炎天下に野球やってましたが
元気でしたねぇ~    社会人野球でも軟式だとこの時期しか球場が空いていないのか?
あのpiyopapaは何処に行っちゃったんでしょう。。。??? ちょっと道が逸れました m_ _m

朝顔モチーフのTシャツを着たお嬢様は植木屋さんのお嬢さんかな?毎年お見かけしますよ。
そして写真良いですか?と声を掛けると「どうぞ~」って返してくれます。
朝顔の鉢を買って帰らないpiyopapaにはどんな花が開くのか?想像も出来ません(笑)

七夕を想い、可愛い朝顔の花を愛でた古人の生活はゆったりしていたんでしょうね。。。
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-13 11:41
<shingomama様>
植物には通常、三大要素といわれる窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)が必要と言われていますが、
実は庭仕事をしないpiyopapaはその「効果の歩度」を目で確認したことが無いのですよ(^^;;

リン酸は実肥といわれ、花や実を付ける肥料と言うのは、机の上の知識です。
園芸店やK・・・ホーム園芸エリアに「過リン酸石灰」が売っています。これはPだけしか含まない肥料ですよ

3種類とも入った複合肥料に少しPだけを加えたらどうでしょう?全くの素人発言です。。。
U教授に聞いてみますか?

いつもありがとうございます
Commented at 2016-07-15 18:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-17 00:51
鍵コメ様

車で近くに行ったら、なんとなくしか 見えないかもしれませんね。。。
会社帰りに 行くこと自体 お祭り見に行くみたいで・・・汗

新しくGetされた2つのものに、メッチャ期待して、待ってますねぇ~
この連休は、少し自分の部屋を掃除したり・・・外出控えて頑張ります(笑)
ありがとうございました
Commented by rurimama at 2016-07-19 11:00 x
遅くなりました

piyopapaさんのブログって、写真はもちろん、文章が興味深いです。
牽牛と織女のお話しや、下剤のお話しが最初写真と違和感があったのに、
読み終わると、何としっくりピッタリくる不思議。
7月7日の朝顔市、記憶に残してくれます。 

写真ともども文章のファンです。
Commented by piyopapa0711 at 2016-07-19 14:29
<rurimamaさま>

photo千思万考に遅くなりましたは不要ですヨン
とっちらかしな文章でわかりにくかったかも知れませんね m_ _m

上手いこと帳尻合わせができていて良かったです。あまり深く物事を
考えて居ないんですけど・・・いつも、ありがとうございます
<< 馬を愛でる会 2016-2 New Face Petzva... >>