Photo千思万考

下北半島 奥薬研温泉

仕事の関係で長く青森県に出張していた。

赴任当時は連日、残業の山。週末の日曜日、自然溢れる山間の温泉を求めてドライブを楽しんだ。
(当時の愛車は、MITSUBISHIパジェロ3500GDIショート)

そこで見つけたのが「奥薬研温泉」。
修景公園奥薬研レストハウスのM本さん(現在は退職されている)ご夫婦には仲良くさせていただいた。

実は今年の8月に「青森ねぶた撮影」に出かけた際に、アスパム広場で下北物産を販売している
M本さんから声を掛けていただき「大感激!」。数年ぶりの懐かしいお顔を拝見した!!

d0282718_23511917.jpg



「薬研(ヤゲン)」とは、漢方薬などをつくるとき、薬種を細粉にひく(粉砕)のに用いられる器具。
受け側容器(小舟と呼ばれるらしい)の断面がV字形となっているところから、江戸時代初頭に作られた
城の防御施設において、断面V字形の堀を「薬研堀」と称していた。
因みに車輪みたいなのは「薬研車」と言うらしい。

ここ薬研渓谷がV字に似ていたことから・・・と命名さたらしい(色々な説有り)。
薬研=くすりおろし とも言う。

d0282718_23524344.jpg



旧大畑町の港から直線で約10Km、大畑川に沿って大滝山を目指すと手前に薬研温泉、
そして大滝山の向こうに「奥薬研温泉」がある。(恐山の裏?の方が判りやすいかも・・・)

青森檜葉(ヒバ)が日本を代表する有用樹種であることは周知の事実。全国の約80%が青森にあるとか。

d0282718_2356399.jpg


ここ奥薬研温泉の大畑川対岸には、ヒバの実験林がある。奥薬研温泉から、赤塗りの橋を渡り、
かつて大畑の町まで走っていた森林鉄道の軌道沿いに森を歩くと、厳しい自然の中で黙々と育くまれてきた、奥深い感じの森が広がっている。(夏は熊と蛇の出没に注意!)

d0282718_23584250.jpg



そう言えば、「青森」という名は、ヒバのうっそうとした森林に由来しているのだとか・・・。




さて、本題の「奥薬研温泉」。ここには3つの露天風呂がある。

大畑の町に近い方から、1つ目は「隠れ」かっぱの湯、現在は撤去されて・・・(涙)
近くに龍神が祀ってあるので、「龍神の湯」とも呼ばれていた。

森林作業の人達が仕事の後に、湯っこさ入るか~(青森人なら・・・)と言う調子で入れる、
大畑川の直ぐそばにある湯だ。

d0282718_054975.jpg



ご覧の通り、脱衣所などはなく、服を脱いで身体を流せば、後は湯に浸るだけ。
暖まれば、簀の子の上で大の字になってcooling!!
(川に飛び込む人は聞いた事がありません)

d0282718_071688.jpg


さらに上流を目指すと、左手に「元祖」かっぱの湯が現れる。
昔は旅館の専用露天風呂だったそうだが、私が初めて訪れた2001年9月には、
既に露天風呂だけになっていた。
雨の後の湯温は低く、90分も入っていたこともあったが、体表面の水分をぬぐい去ると
「身体が芯から温まっていた!」とはこういう事か?と感激した記憶がある。


当時は混浴。現在は時間制の男女別管理がされているとか・・・


d0282718_082255.jpg







3つめが石積みの野趣あふれる「夫婦(めおと)」かっぱの湯。別に夫婦のかっぱが
居るわけではないが、この露天風呂はむつ市が経営する「修景公園奥薬研レストハウス」
に併設されている。(入浴料:市外在住者200円)

平成19年に足湯が出来たが、これは観光バスで訪れる観光客用のもの??

d0282718_095874.jpg




泉質は単純泉。源泉温度は60~70℃とかなり高温。元祖かっぱの湯に近い源泉から湯を
引いて、この石積みの壁から地下水と混ぜて、石造りの浴槽へ流し入れ水温調整されている。

d0282718_0111180.jpg




当然、源泉掛け流し
勿論、石けん類使用禁止


である。

奥薬研温泉の開湯は、862年(貞観4年)、恐山を開山した慈覚大師円仁がこの地で道に迷い
大怪我をした時、辺りに住むかっぱに助けられて、この「かっぱの湯」に浸からせてもらって怪我
を治したという言い伝えから、かっぱの湯と呼ばれている。

したがって、開湯は「かっぱ様」と言う事になるのである。

d0282718_014017.jpg




高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つである恐山の開山は貞観4年(862年)。
開祖は天台宗を開いた最澄の弟子、「慈覚大師円仁」・・・と恐山の紹介パンフに記載有り。


奥薬研で慈覚大師円仁さん ご本人が大ケガをした頃だ!!



円仁が唐に留学中、 夢で「汝、国に帰り、東方行程30余日の所に至れば霊山あり。
地蔵尊一体を刻しその地に仏道を広めよ」という御告を授かった。

円仁はすぐに帰国し、夢で告げられた霊山を探し歩いたそうな。苦労の末、 恐山にたどり
着いたといわれている。


(恐山を知り尽くした横浜タクシーのI田所長の名調子!に乗せて教えてもらった情報で~す)

d0282718_017655.jpg




長いブログにおつきあいいただき・・・そろそろお腹も空いてきやした。

ここ修景公園奥薬研レストハウスでは、大畑名物の「イカスミラーメン」が食べられる。
初めて食べたときは、大きなやり烏賊が一杯ラーメンどんぶりに横たわっていたが、数年前から
この烏賊を食べきれないお客さんが増え「もったいない」のでと、輪切りで提供され出した!!

これを目にした小生は猛烈に抗議を申し込み、写真の「子持ち烏賊一杯が入ったメニューに変更
してもらった」、小生の気持ちの入ったラーメンである。是非、ご賞味あれ!!


麺は黒く、スープは塩味!!ホタテは陸奥湾産!!



d0282718_0184823.jpg




恐山温泉は、強烈な硫黄泉!数キロしか離れていない裏山の奥薬研温泉は無色透明の単純泉。
どちらがお好みかは、皆さんのご判断で・・・。

温泉好きの私からは、奥薬研→恐山温泉をお薦めしたい。(硫黄は洗い落とさない方が良い!)






最後に、奥薬研夫婦かっぱの湯に入る「スペシャル入浴法」をお教えしよう。


奥薬研温泉にゆっくり浸り、頭を縁の石に乗せたら、全身の力を抜いて・・・。呼吸に合わせて
身体が少し上下するものの、血行が改善され、腰痛、肩こりが(結構)改善される はずである。

ただし、入浴中、他のお客さんが居ない時にお願いします ヨ!!

d0282718_0194755.jpg


・・・と言う訳で、今回はブログ作りの基本操作習得のため、紹介ページになってしまった。

でも、nyankoさんから Photo Scapeを使って写真アップ法を教えていただき、
写真掲示のtechniqueや、見栄えの改良も出来ました・・・。(nyankoさんありがとう!)



次回は、「2012SENDAI光のページェント撮影記録」を載せたい!と心に誓って、
東北新幹線に乗車します。


目指せ Great weekend!

さて、どんな写真が撮れるやら・・・。   piyopapa 
[PR]

# by piyopapa0711 | 2012-12-13 00:22 | 紀行 | Comments(10)

ブログを開設しました

アイウエオ

piyopapa  ついにブログを開設しました。記念すべき最初の入力は

「アイウエオ」!!


d0282718_13343229.jpg


NIKON COOLPIX S8100
画像モード:12M、ホワイトバランス:AUTO、測光方式:マルチパターン:ISO感度:200、AFエリア:マニュアル、AFモード:AF-S。


ついでに散歩しながら撮影した画像も試験的にアップしちゃいました。国道1号線 桜田通りの虎ノ門あたり?見えない正面に外桜田門で~す。

d0282718_1333067.jpg

NIKON COOLPIX S8100
画像モード:12M、ホワイトバランス:AUTO、測光方式:中央部重点:ISO感度:400、AFエリア:マニュアル、AFモード:AF-S。

環状二号線にまたがるように超高層ビルが建築中!高さ247m、地上52階、地下5階で2014年に開通/開業とか。ビルは只今35~40階位の高さです。

コンパクトデジカメにも機能設定がたくさん付いていますので、お散歩にはもってこいです。

今日はブログ開設のための、文字と画像入力にTryしてみました。 piyopapa

[PR]

# by piyopapa0711 | 2012-12-07 12:58 | つれづれ | Comments(10)