Photo千思万考

佐久の苔

佐久の古里 「貞祥寺」
 訪れたのは 10月11日でした。。。
   Ushirosugata秋版とクワイ堀をアップしたものの
 それ以外の5件は全てこの佐久訪問記からでした。。。で、今回はその最終回!!

6月に初めて佐久の貞祥寺を訪れたとき
 わ~ 苔が深くて綺麗だなぁ~と 感動を覚えました。・・・で欲張って 紅葉と苔
 を狙って!!と秋に訪問したのですが、コラボレーションは見られず・・・

でも白駒の池やU教授の別宅庭の散策など、楽しい事ばかり 新発見・・・締めくくりは
やはり貞祥寺で・・・


d0282718_15001439.jpg

  雨上がりの 参道・・・









(2)
  参道の 左右に広がる
     まるで 苔の庭!!

d0282718_15002164.jpg










(3)
  山門の階段前。。。

    木漏れ日で 苔の色が鮮やかになったり
        おとなしい緑になったり・・・


d0282718_15004214.jpg










(4)
  雲が動いて
    強い日差しが差し込むと

     わ~ 緑色!!と叫びたくなりました。。。

d0282718_23322495.jpg
     林の中の 苔は やや 暗いイメージでしたが
         実は 光合成が効率よく行われているのか?
      とても きれいな 緑色を していました。。。^^













(5)
  ここは木漏れ日の
     SPOT!!
d0282718_15004589.jpg
      50mm f1.4開放で 撮りましたので
         バックが不安定ですね・・・失礼しました









(6)
  こちらは 苔と松ぼっくりのアップ

    雨に濡れたからでしょうか?
      松ぼっくりも 濃い茶色で 何気に 元気そう?でした(笑)

d0282718_15005137.jpg











(7)
  おや キノコが・・・
    と マクロレンズで キノコを覗いたら
     しっかり 我が陣地を 守ろうか!!と思える 2匹を 発見!!

d0282718_23322800.jpg
    広 ~~ い 貞祥寺の 庭の中。
     マクロレンズで 覗いて 初めて 見ることが出来た 昆虫 2匹!!

    世の中の荒波は まったく関係ない 世界で 彼らは 黙々と自分の生命を
     全うしているようでした。。。












(8)
  林の根元には 苔が ビッシリ生えていて
   土台の石と 木と 苔が

   ピッタリと共生していました。。。
d0282718_15005366.jpg
     正直 この 苔の上は 歩けませんね。。。












(9)
  境内には いくつかの お地蔵さんが 建立されていました

   お気に入りの お顔の お地蔵さんを パチリ!!
d0282718_23323001.jpg
    「Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D」
      で、後ろぼけを強調してみました。。。














(10)
   貞祥寺 最後の苔は

      石灯籠の上に 我が家を 構えた 苔!!

   苔の種類の違いが よく分かります。。。


d0282718_23323325.jpg
    貞祥寺の 苔を満喫して・・・


    お寺の紹介blogではないので 個人的な趣味に走っていますが
      ここのお寺は 何度でも 伺いたいところに なりました。。。


    長野県には 余り縁がなく、 
       軽井沢でテニスをしていた若い頃!!
       3年前に出かけた 長野善光寺の雪燈籠撮影!!
       去年出かけた 八ヶ岳白樺とユリ撮影!!

    と言った 程度しか 訪問したことがないのですが、 
佐久!!見直しました。。。

    正直、U教授の故郷であることと 駅伝の強い高校があることくらいしか 
         知りませんでしたから。。。

    今年の秋は とても楽しかったです。









(11)
  今日の 後ろ姿は
    こ  ち  ら  。

d0282718_23323769.jpg
    季節になりましたねぇ

 





    10月の写真を やっとアップできました
      もう 直ぐそこに クリスマスが 待っているんですね。。。


    by piyopapa






[PR]

by piyopapa0711 | 2015-12-08 10:15 | 紀行
<< 帰り道  2015 地元の名産へ!! くわい堀り >>